贈り物に最適なプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーはラッピングのまま飾る

プリザーブドフラワーはラッピングのまま飾る アレンジメントされた花は、リボンやラッピングフィルムなどでより美しく飾られていますが、フレッシュな花のアレンジメントの場合には、植物が蒸れないようにラッピングを取らなければならない場合が多くあります。
しかし、プリザーブドフラワーなら水分が無い状態なので、蒸れなどを気にせずにラッピングされたままの状態で飾る事ができるので、とても便利です。
また、ホコリなどの汚れからプリザーブドフラワーを守るためにもラッピングしたままの状態の方が、手入れが簡単になります。
フレッシュの花の柔らかさや繊細な花びらを長期間楽しむ事ができるプリザーブドフラワーは、手入れが簡単なのでインテリアとしても人気がありますし、虫が寄ってこないので食べ物に添えてプレゼントする事もできます。
プリザーブドフラワーがあるだけで、華やかな演出を気軽にする事ができるのです。
直射日光などの強い光は、色あせの原因になるので置き場所は考えなければなりません。

現代のお供えは枯れないプリザーブドフラワーで

プリザーブドフラワーをご存知でしょうか。
ドライフラワーとも似ていますが、よりみずみずしく色鮮やかで、生花に近い質感をもった加工花です。
造花とは違い、生の花を特殊な薬液に沈めて加工して作ります。
短期的な劣化はほとんどなく、生花ではないので水替えも不要です。
そのプリザーブドフラワーは、現代ではお仏壇のお供えにも使われるようになりました。
お供えは生花でなければいけない、毎日お水を替えて世話をするものだ、という時代もありました。
しかし現代では、美しく手間のかからないプリザーブドフラワーが重宝され、お供え専用の商品もたくさんあります。
プリザーブドフラワーの仏花専門のお店もあるほどです。
商品の種類も、お仏壇の雰囲気に合うように和風のものもありますし、洋花を主に使ったモダンなものもあります。
破損をふせぎ長くお供えできるように透明の覆いがついているものもありますし、お仏壇の花立てにちょうど合うサイズのものもあります。
生花に比べれば少々高価ですが、長く楽しめるものですのでその価格に見合う価値はあると思います。